有料老人ホーム、エイジトピア・ナゴヤは、名古屋(千種駅付近)にある介護付有料老人ホームです。透析が可能なクリニック併設の有料老人ホームですので、ご家族の方に安心して頂いてます。

イラスト

エイジトピアブログ

春の日帰り旅行

2018.05.18

IMG_3146.JPG 5月17日、入居者と職員合わせて23名でANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋のスカイレストラン「スターゲイト」と久屋大通公園フラリエの散策に出かけました。出発までの待ち時間、2階フロアーは参加者のワクワクドキドキで溢れていました。今回は交通手段として、名古屋市交通局の貸切バスを初めて利用しました。市バスの乗車は大変久しぶりという入居者も多く、車内ではいつも以上に話が盛り上がりました。車窓の風景の変化に驚きの声も上がっていました。

 ランチはワインとビールの乾杯で始まり、色とりどりのオードブル、各々の好みや体調に合わせたメイン料理、デザートまで本当においしくいただきました。名古屋港まで見渡せる30階からの風景も美味しさに一役かっているように感じました。フラリエのバラも満開で、楽しむことができました。

 楽しい時間を過ごさせていただけて、スカイゲイトのスタッフの方々、乗降時常に待機して助けていただいた名古屋市交通局の方々、運転手さんに感謝の気持ちでいっぱいです。


フォークソングクラブOB会「みんなで歌いましょう」

2018.04.16

IMG_3081.JPG 4月15日の日曜日に名古屋市高年大学鯱城学園の31期フォークソングクラブOB会のみなさんに来所いただきました。ギター2名、キーボード1名、歌っていただく12名の女性が、お揃いのポロシャツでのあいさつに、入居者は戸惑った様子でした。

 「春が来た」「朧月夜」と歌い始めると、だんだんリラックスした表情の方が増え、声も徐々に大きくなってきました。3曲目の「茶摘み」では、振付を教えていただき、クラブの方と入居者の距離がグッと縮まりました。続いて「カエルの合唱」では輪唱に全員で挑戦しました。最初はなかなか苦戦しているようでしたが、3回目は大成功をおさめ満足げな笑顔が見られました。入居者からのリクエスト曲の「灯台守」で前半は終わりました。

 後半は入居者がマイクを握って熱唱した「荒城の月」から始まり、懐メロの「恋の季節」、みんなが大好きな「上を向いて歩こう」「高原列車は行く」では、入居者も職員も大きな声を出して、気持ちよく歌っていました。フロアーが一体になったように感じました。

 とても懐かしい「二人でお酒を」、アンコールでもう一度「荒城の月」、最終曲の「故郷」を歌い終わった時は全員、顔が高揚していました。13曲と大変多くを歌った疲れは全くなく、満足感と爽快感に満ちていました。本当に楽しい時間を過ごすことができました。


花見

2018.04.05

2018花見.JPG 4月5日の予定でしたが、早まった桜の開花に合わせ3月29日に、好評だった賀城園の花見に行って来ました。急な変更に賀城園の方々は快く対応していただきました。庭のどの桜も満開で(写真)、大広間からの窓いっぱいにあふれそうな桜は感動的でした。毎年お邪魔していますが、「今年の桜が最高だった。」と参加者からの声がたくさん聞こえました。

 お料理も春満載で、味だけでなく目でも楽しませていただき大満足でした。同じ時期にいただく料理ですが、毎年新しい料理をたくさん出していただけるので、本当に楽しみです。

 帰りの汐路町の桜のトンネルでは、あまりの美しさにマイクロバスの中で歓声が上がりました。山崎川も期待通りの満開でした。名城公園は、金シャチ通りのオープンで、大変な人出ででした。名古屋城のお堀に枝垂れる桜とお堀内の菜の花のピンクと黄色のコントラストは春を満喫できる何度見てもすばらし風景です。素敵な春の一日でした。


音楽コンサート

2018.02.04

コンサート.JPG

2月4日の日曜日の午後、ジラソーレという、ソプラノ歌手の伊藤倫子さんとピアノの飯沼享子さんのデュオに来ていただきました。最初の「乾杯の歌」で、席の間を歩き回ってくださり、大迫力の歌声と臨場感で私たちの心は一瞬で奪われてしましました。
「早春賦」「千の風になって」と続き、心地よい歌声に酔いしれました。
 次のお馴染み「誰も寝てはならぬ」では、会場は最高潮の盛り上がりになりました。1部最後の「花は咲く」は、教えていただいた手話の花を全員で満開に咲かせました。
 休憩をはさみ2部は「青い山脈」の大合唱と手拍子で始まりました。「月の沙漠」「椰子の実」はピアノの素敵な音に合わせて歌うことが、こんなに気持ち良く感じるということをを知りました。「川の流れのように」「ふるさと」と心地よく歌わせていただきました。
 アンコールに応えて歌ってくださった「オーソレミオ」で本日最高の盛り上がりになり、ずーっと聞いていたい気持ちでいっぱいになり、拍手が鳴りやみませんでした。
 「1時間では短すぎる。」と会場にいた誰もが思う音楽コンサートでした。

あやめ会演奏会

2018.01.14

あやめ会.JPG

あやめ会のお三人による演奏をきかせていただきました。第一琴の古米さん、第二琴の森さん、バイオリンの小池さんの演奏は新春に相応しい爽やかなものでした。
 荒城の月、お江戸日本橋は琴、バイオリンの演奏に合わせてみんなで合唱しました。
 六段の調べを聞かせていただき新春の雰囲気を満喫して、さくらさくらを演奏と合唱の二部構成で楽しみました。
 バイオリンのソロ演奏をしていただき1部が終わりました。
 休憩後の定番春の海は、尺八の代わりにバイオリンというあやめ会、オリジナルの演奏を聞かせていただきました。
 黒田節、バイオリンソロ、ふるさとと参加そたり、聞き入ったりバラエティーにとんだ構成であっという間の1時間過ぎてしまいました。入居者からのアンコールに応えて上を向いて歩こうを大合唱し終了となりました。

クリスマス会

2017.12.12

H.29.12.9クリスマス会.jpg

12月9日に、今年最後の大学イベントのクリスマス会&忘年会を開催しました。
 エイジトピア・ナゴヤ初の詩吟を吟じっていただきました。クリスマス?には、少々不安もありましたが、想像以上に皆さん楽しんでいらっしゃいました。
 異色な雰囲気で始まりましたが、続く「赤鼻のトナカイ」のダンスで笑いをとり、ハンドベルの「ジングルベル」「きよしこの夜」では感動を誘い、職員も練習の成果を大いに発揮しました。
 おおとりはフルートとバイオリン演奏でクリスマスの雰囲気は最高潮に。
 お楽しみのショーはあっという間に終わってしまい、後は豪華なディナーに舌鼓。一足先にクリスマスを楽しみました。

消防訓練

2017.12.04

DSCN1791.JPG

11月29日に入居者と職員による消防訓練を行いました。
 夜間に3階の306号室より出火の想定で、緊張した空気の中始まりました。各階から職員誘導のもと避難場所とした2階フロアーに順次集合しました。
 点呼を終え、全員の安全を確認後に警備会社の指導に従い、救命の実施練習をしました。
 倒れた人に見立てた人形に、声掛け、呼吸の確認、心臓マッサージからAED始動までの一連の救助行為をしました。職員は全員、入居者の方も参加され、あまり経験することができない本番さながらの有意義な訓練ができました。
 最後に消火器の扱い方の指導うも受けました。

紅葉狩り

2017.11.22

2017紅葉狩.JPG

 11月22日に覚王山の揚輝荘、南園の聴松閣に行きました。寒さに備え、参加者は防寒着を着込んでの出発でした。
 曇天ということもあり、乗車直後は多少不安な表情の方もいました。広小路通りの黄色に色づいた銀杏並木を車窓から眺めている間に、どんどん楽しい雰囲気になり、到着が待ち遠しくなりました。
 写真のように、赤、黄、色とりどりの紅葉。まだ色が変わらない緑と、ハイカラな建物を前にして、とても華やかな気分に180度転換。風もなく思ってたように寒さも気にならず、快適な紅葉狩りとなりました。
 昭和12年にできた建物は、年を重ねた重厚さ、斬新で芸術的な装飾、古さを感じさせない素晴らしい技術を駆使した建物に感動しました。
 その中でのティータイムは、まるでタイムスリップしたような錯覚に陥りました。コーヒーも抹茶も味が違うように感じたのは気のせいでしょうか?

落語会

2017.11.19

2017落語.jpg

11月19日南山大学落語研究会のお二人をお迎えし、この冬一番の寒波にもかかわらず2階ホールは沢山の善男善女で溢れかえっています。
 前半は女性による『短命』。
 演目に入る前の世間話で、入居者の皆さんのハートをつかんだようで、「話始める前に、こんなに笑っていただいたのは初めてです。喜んでいます。」と。艶っぽい内容にハラハラしながらも、ちゃんとオチをつけ無事着地しました。
 休憩をはさんで後半は男性。こちらは有名な「青菜」。
 何人もの人物を声色と表情で使い分ける技は流石でした。入居者のIさんが終始笑顔で引き込まれていたのが印象的でした。

秋の日帰り旅行

2017.10.18

H.29.10秋の日帰り旅行.jpg

10月17日に、レンタカー2台に分乗してドライブ&ランチの日帰り旅行に行きました。雨の中、傘をさして見送りの中の出発しました。
 直前に体調を崩された方がいらしたため、参加者が11人と少なめでしたが、行きの車中から、会話が盛り上がり、そのせいか(?)だんだん雲が切れ、青空ものぞき始めました。
 高速を乗り継ぎ長良川沿いの、岐阜グランドホテルに到着した時は、出発時の雨が嘘のように、青空になり太陽が照っていました。
 エレベーターで最上階の展望レストランキャッスルでフレンチのフルコースを堪能しました。金目鯛、牛フィレのメインはもちろんのこと、スープ、デザートどれも大変おいしく大満足のランチタイムを楽しみました。長良川を挟み金華山を望みながら、築城についての話題など、会話も弾みました。
 1階の売店やケーキ店でお土産を買ってから、まだまだ満腹のお腹をさすりながら帰路につきました。
 時間的には短い間でしたが、ふだんビルに囲まれた中で生活しているので、山や川を身近に感じ、とてもリフレッシュできました。




ページトップ