有料老人ホーム、エイジトピア・ナゴヤは、名古屋(千種駅付近)にある介護付有料老人ホームです。透析が可能なクリニック併設の有料老人ホームですので、ご家族の方に安心して頂いてます。

イラスト

エイジトピアブログ

バイキング

2019.10.20

IMG_4193.JPGIMG_4194.JPG

10月20日の日曜にバイキングランチを初めて開催しました。いつもの食堂がホテル(?)のレストランに早変わり。食堂に一歩入った入居者は、サイドに並んだごちそうに目を丸くして驚かれました。いつもとは違う華やかな雰囲気、料理の種類の多さにワクワク、ドキドキ。どれを選んでよいか迷って立ち尽くす方、多く取りすぎてお皿からこぼれそうになりスタッフに助けを求める方、慣れた様子で手際よく好物をうまくとりサッサと席に着いて食べ始める方、みなさんそれぞれのかたちで、バイキングランチを満喫していました。「お腹がいっぱい。」とあちらこちらからの声があがった頃、最後にさっそうとデザートへは向かわれる姿に「さすが!エイジの入居者‼」と思いました。やっぱりその食欲が元気の源なんですね。


落語会

2019.09.16

IMG_4145.JPG敬老のお祝いということで、「みんなで大口を開けて笑おう!!」と若鯱亭笑天さんに公演いただきました。前回の公演を覚えていていた方は首を長くして、初めての方は期待いっぱいで、それぞれの想いで待ちに待っていました。

お囃子の音で登場。赤色の毛氈を敷いた高座に上がり始まり始まり。落語を聴くだけではなく、合間合間で落語の上座下座、話しをする顔の向きの設定についてや、いかにそばをリアルに食べてるように表現するかなど、教えていただき入居者も一緒に実践する体験型落語(?)もとても楽しい時間でした。

一番最初の「老婆の休日」は、高齢者あるある満載で大うけ。爆笑の渦が起こりました。きっと私たち職員より、入居者の方が何倍もおもしろかったことでしょう。高齢者が楽しめる話を選んでいた公演は、終わった後も入居者同士盛り上がって話していました。


縁日・盆踊り

2019.08.24

IMG_4053.JPG夏の終わりの風物詩となっているエイジトピア・ナゴヤ恒例の縁日・盆踊りを行いました。射的、ダーツ、魚釣りゲーム、あひるすくい、輪投げに皆さん童心に返り大盛り上がりでした。毎年のことながら、射的は大人気でスナイパーの眼で、標的を狙っている様子はちょっと怖い(?)と感じました。あひるを10羽以上すくって得意げになっている方、輪投げは女性の方が圧倒的に上手で、景品の靴下をGETしていました。綿菓子は恒例のほっそりスタイル、ラムネは昨年よりも売れ行きが悪かったようです。炭酸水を飲むことがほとんどない方が多くて飲み辛かったのでしょうか?

盆踊りは「草津小唄」「さんさ時雨」は豊桂会の方々に舞っていただきました。炭坑節からは職員も参加し輪になって、踊りました。手拍子の中汗をかきながら、豊桂会の方々の踊り見よう見まねで楽しみながら、踊りとっても良い気分でした。最後にもう一度炭坑節をおどりました。入居者の歌参加もあり最高潮の中終わりました。


ビアホール

2019.07.20

IMG_3900.JPG梅雨明けを待たず、本日夏の楽しみビアホールを開催いしました。生ビールと近所のCafe Dufiのケータリングに舌鼓。昼間からほろ酔い気分で、楽しみました。大スクリーンにハワイの海岸を映して、気分は「アロハー☆」

後半はカラオケで盛り上がり、普段見られない顔の入居者同士話の花が咲いていました。入居者のパワーにはいつも驚かされます。

美味しく、楽しい時間を満喫できて、幸せでした。


昔語り(回想法)

2019.06.23

IMG_3853.JPG柔らかい温もりのある柔らかい温もりのある高木庄司さんに来所いただき、昔の道具をたくさん見せていただきました。「赤子泣いても蓋とるな。」のお釜、おひつなど、美味しいご飯の香りがしてきそうなものからスタートしました。アルミのお弁当箱や、水稲などレトロ感満載で、現在でもかわいいって声が上がりそうなものもありました。手伝ってくださった酒井さんが、テンポよく道具を魔法のようにどんどん出してくださり1時間はあっという間に終わってしまいました。名古屋弁の語り口調も入居者に大うけでした。さすが元郵便局長、地域に根差した話題も豊富で、大変盛り上げ上手。職員共々楽しませていただきました。

温もりのある蓄音機の音には、聞いたことのない私たちも虜にしてしまう不思議な魅力があり、ききいってしまいました。「東京だよ。おっかさん」を皮切りに、中村メイコの「田舎のバス」、昭和25年の笠置シヅ子の「東京ブギウギ」は、歌詞の内容と、時代背景を盛り込んだ話は興味深く聞かせていただきました。ペギー葉山の「南国土佐を後にして」を最後に合唱しました。入居者に若き日々の気持ちを想い出していただきました。終わってからも、皆さんの話が止まらず、あのころの顔(?)になっているようでした。


春の日帰り旅行

2019.05.24

IMG_3810.JPG5月23日(木)に快晴の下、入居者9名と職員5名の総勢14名でレンタカー2台に分乗して、ランチドライブに出かけました。行先は常滑西之口の京会席料理の丸十。写真に写っているように、オーシャンビューの大広間でのランチは気分最高。海の幸に舌鼓をうちながら、「海をこんなにゆっく眺めたのは何年ぶり何だろう。」入居者から感嘆の声も上がりました。食事中、セントレアに着陸する飛行機が次から次へ何機も飛んでいきました。穏やかな海原、四日市のコンビナートへ行き交う大きなタンカーをながめていると、とてもゆったりとした良い気分になってきました。同じ県内なのに、全く違う世界にいるようでワクワクするひとときでした。帰路では、大府パーキングエリアに立ち寄り、ショッピングも楽しめました。短い時間でしたが、日常を離れた時間を満喫でき、リフレッシュできました。


花見

2019.03.28

IMG_3712.JPG少し早目のお花見に、本日3月28日に行ってきました。写真は賀城園のお庭の桜です。大広間に入った瞬間、窓一面の桜が出迎えてくれました。今年もここで花見ランチができたことに、幸せでいっぱいの気持ちになりました。今年は、昨年のような満開の花見とはいきませんでしたが、車窓から良く咲いている桜を競争で探しました。『見つけた。」の声に、みんないっせいにそちらの方向を見て大喜び。いつもと少し違う雰囲気の花見も、とても楽しいものでした。昼食の会席料理は例年通り美味しくいただき、春を満喫できました。


24(トゥエンティーフォー)演奏会カフェ

2019.03.10

IMG_3687.JPG 今年も24のみなさんに来所いただき、演奏を行っていただきました。毎回のことながら、演奏のすばらしさに加え、24のみなさんの明るいキャラクターが入居者に大人気です。長いお付き合いのため、入居者、演奏者共々近況報告を兼ねた顔合わせみたいな感じで、再会の日を楽しみにしています。演奏者が結婚されたり、出産されたり、一緒に幸せにふれることできます。とても素晴らしいことと演奏を聴きながらジーンときてしまいました。

 いきものがかりの『ありがとう』からはじまり、『愛燦燦』はトロンボーンのソロ、『おまつり』と美空ひばりの曲が続きました。『早春賦』のトロンボーンの二重奏は聴きごたえがありました。『見上げてごらん夜の星を』はアダルトな編曲で、トランペットの音が心にしみました。『北酒場』『津軽海峡冬景色』は手拍子をする入居者や口づさむ職員、全員が一体になったようでした。用意されたお菓子と紅茶に手を付けることも忘れていました。アンコールのYMCAで最後の最後まで大盛り上がりでした。


フォルクローレ演奏会

2019.02.17

IMG_3631.JPG 2月17日の日曜日の午後に、名古屋大学フォルクローレ同好会のみなさんに演奏していただきました。2月の恒例演奏会ですが、昨年はインフルエンザの猛威に屈して中止となってしまいました。今年は2年越しの待ちに待った演奏会にいつも以上に盛り上がりました。

 演奏はこの10曲とアンコール1曲でした。1.Sauce Alegre(陽気な柳)    2.(水たまり) 3.Negrita(ネグリータ) 4.Ha donde Vamos(何処へ行こうか) 5.La Mariposa(蝶々) 6.祭り 7.El C0ndor pasa(コンドルは飛んでいく)  8.祭りの中 9.Condor Solitario(孤独なコンドル) 10. 歌を唄う

 ケーナ、サンポーニャ、ギター、チャランゴ、ボンゴの楽器の音で、南米の風を感じることができました。


寿司ザンマイ

2019.02.08

P1020747.JPG本日、初めて開催したお寿司食べ放題 名付けて「寿司ザンマイ」

当ホーム関連の料理長に来ていただき、新鮮なネタを握って頂きました。皆様今までに見たことのないくらい召し上がって頂き、何回もお代わりを注文していました。日頃きざみ食の方でも、勢いよく召し上がるので、内心お体に影響が出ないか心配でした。結果、皆様の乾燥は大満足。「また次回もよろしく!」との大好評のイベントになりました。





ページトップ